絶賛放送中の綾瀬はるかさん主演のドラマ『義母と娘のブルース』。

第2章が始まり、そして、高視聴率でますます盛りあがっているドラマですが、

そのドラマ『義母と娘のブルース』の動画を無料で視聴できる方法がないか調べてみました。

 

しかし…

無料で動画を視聴できる方法とはいえ、海賊版サイトで動画を視聴するのはオススメできません…(理由は後述)

また、海賊版サイト以外の方法として、あの有名な動画配信サービス、Hulu(フールー)でも『義母と娘のブルース』は視聴できないことも判明しました。

では、Hulu以外の方法で、どのようにすれば、この『義母と娘のブルース』の動画を視聴できるのでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

『義母と娘のブルース』の動画を無料で視聴できる方法とは?

 

https://twitter.com/gibomusu__tbs/status/1031886263920615427

 

「とんび」や「JIN-仁-」でおなじみの森下佳子さんの脚本、主題歌はMISIAさんが担当するということで、放送前からかなり注目されていたドラマ『義母と娘のブルース』。

そして、放送後もその期待をはるかに上回るほどの高評価と高視聴率。(第7話で15.1%を記録

 

ネット上でも「今期ナンバーワンドラマ!」「これは名作になりそう」と絶賛の嵐でした。

 

タロー
キャスト、主題歌、脚本どれも最高!

 

<ネット上の反応>

 

 

 

 

 

さて、そんな今期ナンバーワンと呼び声も高いドラマ『義母と娘のブルース』ですが、その動画をネットで視聴するためには、主に二つの方法があります。

・非公式動画が配信されているサイト(Pandora、Miomioなど)で視聴する

・公式動画が配信されているサイト(Hulu、dTVなど)で視聴する

 

ただし、注意すべき方法があります。それは、非公式動画で視聴する方法はリスクが大きすぎるということ。

 

非公式動画はやめた方がいい…?その理由とは?

 

 

そもそも、非公式の動画、いわゆる違法アップロードされた動画は、

誰がアップロードしたのか分からない動画ばかりなので、ウイルスに感染されるリスクが伴います。

 

タロー
ウイルスとか絶対にめんどくさい…

 

また、すでに著作権の関係で動画自体が削除されている可能性も高いですので、

その動画を視聴しようと思っても、結局見れない…という最悪なパターンもあります。

 

ドラマは特に著作権に厳しく、すぐに削除される傾向にありますからね。

 

そこで、

・確実に視聴することが可能

・ウイルスに感染されるリスクは0%

・音質・画質共に問題ない

”公式動画限定”で視聴できる方法を調べてみました。

 

公式動画で視聴できる方法といえば、動画配信サービス(VOD)が思い当たりますが、全てのVODで『義母と娘のブルース』を視聴できるとは限りません。

 

 

『義母と娘のブルース』はHuluで視聴できない?

 

Sponsored Link

 

まず、大手の動画配信サービス、Huluで視聴できるかどうか実際に調べてみましたが、Huluでは残念ながら視聴できないことが判明しました。(2018年8月現在)

 

タロー
今後、配信される可能性はあり!

 

なので、Hulu以外の方法で調べてみました。

 

<放送〜1週間以内>

まず、放送後1週間以内ならば、TVer(ティーバー)で視聴することが可能です。

⇒TVer

 

例:『義母と娘のブルース』第8話の放送が8月28日(火)

⇒9月4日までは視聴可能

 

<放送後1週間〜>

 

TVerは放送から1週間以内は無料なので、1週間後からは視聴できないことになっています。

なので、他のVOD(ビデオオンデマンド)で視聴することになるので、他のVODから調べてみました。

※前述したように、Huluでは視聴できません

 

<主要VODの配信状況一覧>

 

以上から、

dTV、Amazonプライムビデオで『義母と娘のブルース』は配信されていましたが、どちらも有料となっていました。

(※本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況はそれぞれの公式サイトにてご確認ください。)

 

◆『義母と娘のブルース』は動画配信サービス、Paravi(パラビ)でも配信されていることが分かりました。

⇒Paravi(初月無料)

 

 

あとがき

 

MISIAさんが唄うドラマの主題歌『アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)』は何度聴いても泣けますよね。

 

 

そういえば、”綾瀬はるか×森下佳子×MISIA”といえば、ドラマ『JIN-仁-』を思い出します。あの作品も名作でした。

※『JIN-仁-』は<Hulu>で視聴できます!

 

キャスト、脚本、主題歌が良ければ、ドラマは名作になることが証明されましたね。(もちろん、それ以外の要素もあるでしょうけど)

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください