冬といえば、何を連想しますか?

「クリスマス?」「正月?」「バレンタインデー?」……違いますよね。

 

そう、やっぱり”ドラマ”ですよね!!!(無理矢理)

そこで今日は冬に絶対見たくなるドラマを厳選してみました。ランキング形式で発表したいと思います。

冬の名作ドラマランキング、第1位は……?

 

Sponsored Link

 

冬に見たくなる!おすすめのドラマランキングTOP10

 

※1 過去のドラマ〜2018年10月放送までのドラマで考えました

※2 著者の個人的な好みが強め

 

では、第10位から発表します。

 

 

第10位 ビギナー

 

 

  • 放送年:2003年
  • 放送局:フジテレビ
  • キャスト:ミムラ、オダギリジョー、堤真一、奥菜恵、松雪泰子
  • 脚本:水橋文美江
  • 主題歌:カーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」

 

年齢も境遇も異なる8人の男女が、司法試験合格後の司法修習生となり葛藤・奮起する姿をコミカルに、時にシリアスに描いた青春群像劇。

月9ドラマでは異例であるヒロインを”演技素人”からオーディションで選び、注目を浴びた作品でもあります。(ミムラさんは初出演で初主演)

 

このドラマの面白い所は、特定の人物の恋愛物語、サクセスストーリーをメインにストーリーが進む訳でなく、様々な登場人物の”青春群像劇”である点。

しかもラブストーリーの王道とも言われる月9で。

 

また、キャストも映画並に豪華なので、見所満載です。(ミムラ、オダギリジョー、堤真一、松雪泰子…など)

 

▼『ビギナー』は動画配信サービス【FODプレミアム】で配信されています。

⇒【FODプレミアム】 1ヶ月無料体験

 

 

第9位 のだめカンタービレ

 

 

  • 放送年:2006年
  • 放送局:フジテレビ
  • キャスト:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介
  • 脚本:衛藤凛
  • 主題歌:ベートーヴェン「交響曲第7番」、ジョージ・ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」

 

二ノ宮知子さんの原作漫画『のだめカンタービレ』の実写ドラマ化作品。

上野樹里さんが演じたのだめがハマリ役すぎて当時は話題になりました。

 

このドラマの魅力は、それぞれのキャラが非常に魅力的で(クセも強め)、ずっと見てても飽きないという所でしょうか。

しかも演技力に定評のある俳優・女優ばかりが揃っているので、安定して見れます。

 

▼『のだめカンタービレ』は動画配信サービス【FODプレミアム】で配信されています。

⇒【FODプレミアム】 1ヶ月無料体験

 

 

第8位 逃げるは恥だが役に立つ

 

 

  • 放送年:2016年
  • 放送局:TBS
  • キャスト:新垣結衣、星野源、石田ゆり子、大谷亮平、藤井隆
  • 脚本:野木亜紀子
  • 主題歌:星野源「恋」

 

海野つなみさんの同名原作漫画の実写ドラマ化。

2016年に大ヒットし、主題歌の「恋」をBGMにガッキーが踊る”恋ダンス”がブームとなり、社会現象となりました。

 

このドラマの魅力は、ラブコメドラマとしても非常に面白いのですが、”お仕事ドラマ”として見ても心打たれる部分が多いという点。

ガッキー演じるみくりがドラマ内で放った名言『やりがい搾取(以下引用)』についても、非常に考えさせられました。

「いいですか皆さん。人の善意につけ込んで労働力をタダで使おうとする。それは搾取です。
例えば友達だから、勉強になるから、これもあなたのためだから、
などと言って正当な賃金を払わない。このような【やりがい搾取】を見過ごしてはなりません」

引用:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

 

 

▼『逃げるは恥だが役に立つ』は動画配信サービス【Paravi】で配信されています。

⇒Paravi(初月無料)

 

 

第7位 Nのために

 

 

  • 放送年:2014年
  • 放送局:TBS
  • キャスト:榮倉奈々、窪田正孝、賀来賢人、小出恵介、小西真奈美
  • 脚本:奥寺佐渡子
  • 主題歌:家入レオ「Silly」

 

湊かなえさん原作の同名小説が実写ドラマ化。

物語の主要登場人物たちのイニシャルが全員「N」で、ある殺人事件の真相を軸に、各人物たちが抱える愛の物語を明らかにしていくという純愛ミステリードラマ。

第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では最優秀作品賞、助演男優賞、ドラマソング賞、監督賞など、数々の賞を総なめにしました。

 

このドラマの面白い所が、どの登場人物にもそれぞれの”Nのために”があり、共感できるという点。

また、現在と過去を上手く交錯させつつストーリーは進むので、どのシーンも見逃せない展開となっています。

 

▼『Nのために』は動画配信サービス【Hulu】で配信されています。

⇒【Hulu】2週間無料体験

 

 

第6位 白夜行

 

 

  • 放送年:2006年
  • 放送局:TBS
  • キャスト:山田孝之、綾瀬はるか、渡部篤郎、麻生祐未、武田鉄矢
  • 脚本:森下佳子
  • 主題歌:柴咲コウ「影」

 

東野圭吾さん同名原作小説の実写ドラマ。

初恋の少女を助けるために父親を殺した少年と、その少年を庇うために母親の命を奪った少女の残酷な14年間の愛の軌跡の物語。

第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では最優秀作品賞など、各賞を総なめにしました。

 

このドラマの素晴らしい所が何と言っても主演二人(山田孝之、綾瀬はるか)の圧倒的な演技力。

非常に難しい役柄を見事に演じ切りました。しかも、まだ20才前半で……。

”セカチューコンビ”にあっぱれです!

 

▼『白夜行』は動画配信サービス【Hulu】で配信されています。

⇒【Hulu】2週間無料体験

 

Sponsored Link

 

第5位 やまとなでしこ

 

 

  • 放送年:2000年
  • 放送局:フジテレビ
  • キャスト:松嶋菜々子、堤真一、矢田亜希子、筧利夫、須藤理彩
  • 脚本:中園ミホ、相沢友子
  • 主題歌:MISIA「Everything」

 

最高視聴率34.2%を記録し、松嶋菜々子さんの代表作とも言われる月9ドラマ。

このドラマの魅力は何と言っても、主題歌とストーリー。

MISIAさんが唄う「Everything」はダブルミリオンを記録し、その切ないラブストーリーには多くの女性が共感し好評を得ました。

 

※ドラマ『やまとなでしこ』の動画を配信している動画配信サービスは残念ながら見つかりませんでした。

 

 

 

第4位 東京ラブストーリー

 

 

  • 放送年:1991年
  • 放送局:フジテレビ
  • キャスト:鈴木保奈美、織田裕二、江口洋介、有森也実、千堂あきほ
  • 脚本:坂元裕二
  • 主題歌:小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」

 

トレンディドラマの代名詞的存在の月9ドラマ。

最高視聴率32.3%を記録し社会現象となりました。

 

このドラマの面白い所が、最後の最後までまさかまさかの展開となっている、意外性のある完成度の高いストーリー。

『Mother』や『カルテット』でもおなじみの脚本家・坂元裕二さんが担当したドラマですが、彼は当時まだ20代前半と聞きました。恐るべし。。

 

▼『東京ラブストーリー』は動画配信サービス【FODプレミアム】で配信されています。

⇒【FODプレミアム】 1ヶ月無料体験

 

 

第3位 ハケンの品格

 

 

  • 放送年:2007年
  • 放送局:日本テレビ
  • キャスト:篠原涼子、加藤あい、大泉洋、小泉孝太郎、松方弘樹
  • 脚本:中園ミホ
  • 主題歌:中島美嘉「見えない星」

 

篠原涼子さんの出世作とも呼ばれる名作ドラマ。

第44回ギャラクシー賞など、数々の賞を総なめにし、各界から絶賛されました。最終回では26.0%という高視聴率も獲得。

 

このドラマは、タイトル通り、”派遣”の人たちが見ても共感できる内容ですが、それと同じくらいにサラリーマンが見ても胸打たれる場面が多い所。

サラリーマンの方にもオススメしたいお仕事ドラマです。

 

▼『ハケンの品格』は動画配信サービス【Hulu】で配信されています。

⇒【Hulu】2週間無料体験

 

 

第2位 Mother

 

 

  • 放送年:2010年
  • 放送局:日本テレビ
  • キャスト:松雪泰子、芦田愛菜、山本耕史、酒井若菜、尾野真千子
  • 脚本:坂元裕二
  • 主題歌:hinaco「泣き顔スマイル」

 

女性の「母性」をテーマにした社会派サスペンス作品。

東京ドラマアウォード2010の作品賞<連続ドラマ部門>など、その年の数々の賞を総なめにしました。

このドラマで芦田愛菜さん、尾野真千子さん、綾野剛さんなど、主要キャストの演技が絶賛されました。

 

「母性」をテーマにした作品ですが、正直、男性が見ても泣けます。(僕は第1話から涙が止まりませんでした…)

同じ坂元裕二作品でもある『最高の離婚』や『カルテット』も文句なしのクオリティですが、この『Mother』は坂元裕二さんの作品の真骨頂とも呼べる名作です。

 

▼『Mother』は動画配信サービス【Hulu】で配信されています。

⇒【Hulu】2週間無料体験

 

 

 

第1位 JIN-仁-

 

 

  • 放送年:2009年
  • 放送局:TBS
  • キャスト:大沢たかお、中谷美紀、綾瀬はるか、内野聖陽、小出恵介
  • 脚本:森下佳子
  • 主題歌:MISIA「逢いたくていま」

 

最高視聴率25.3%を記録し、『日本民間放送連盟賞 テレビドラマ部門最優秀賞』を受賞した医療ドラマ。

2011年には完結編も放送されました。

 

このドラマの魅力は、医者が戦国時代にタイムスリップするという異色の設定の中、音楽、ストーリー、キャストの演技、全ての完成度が有無を言わせないほど高いという点所。

明るすぎず、でも暗すぎず、程よいバランスが取れた作品です。冬はもちろん、どの季節に見ても泣けます。

 

▼『JIN-仁-』は動画配信サービス【Hulu】で配信されています。

⇒【Hulu】2週間無料体験

 

 

あとがき

 

ランキング結果はいかがだったでしょうか。

全ての作品は無理にしろ、ひと作品くらいは冬休みにでも是非見ていただきたいです。

特に一度も見たことがない作品はこれを機に見てもらったら嬉しいです!

Next>>2019年1月スタートの冬ドラマ一覧!オススメの作品やキャスト主題歌まとめ

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください