ホワイトカラーシーズン6はU-NEXTで視聴できない?他のVODでも調査!

 

日本でも大人気の話題のマット・ボマー主演の海外ドラマ「ホワイトカラー」。

その「ホワイトカラー」のシーズン6の動画を無料で視聴できる方法を調べてみました。

 

しかし、無料で視聴できるとはいえ、非公式の動画を視聴することはオススメしません。(理由は後述します)

なので、公式動画を視聴できるVOD、中でも有名なU-NEXTから調べみると、視聴できないことが分かりました。

では、U-NEXT以外のVODで「ホワイトカラー」のシーズン6の動画を視聴できる方法があるのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

『ホワイトカラー』シーズン6の動画を無料で見る方法!

 

アメリカで2014年に放送され、物語のラストを描くこととなった『ホワイトカラー』シーズン6。

日本でも2017年にテレビ東京でシーズン6が放送され、幕を閉じることになりました。

 

▼「ホワイトカラー」シーズン6の簡単なあらすじ

ニールを誘拐した男は、世界最大の窃盗団「ピンク・パンサーズ」の入団テストとして、ホープ・ダイアモンドを探していた。

ニールはその男をうまく誘導し、FBIに自分の痕跡を残すとともに、パンサーズの拠点ともいえるケスマンビルに盗みに入ることを計画する。

 

一方、ニールが逃走したと踏んでいたピーターは、モジーの話や行動から誘拐された線で捜査を進めていき、ニールの意図に気付く。

ニールの考えるビルへの侵入経路をモジーに推理させ、ピーターは道具を用意する男に扮し、ニールと接触する。

その狙いがパンサーズと知り、計画を見守ることにするが…

 

引用:http://mystery.co.jp/programs/white_collar

 

ちなみに、そのラストのシーズン6は、第6話で完結という形になっています。

他のシーズンが大体13〜16話ほどあるので、少々寂しいシーズンとなっていますが、ネット上の評判はまずまず。

 

▼ネット上の評判

 

 

 

さて、その「ホワイトカラー シーズン6」の動画を無料で視聴できるサイトを調べてみました。

まず、前提として、非公式動画ではなく、公式動画で視聴することをオススメします。

 

 

非公式動画はリスクが大きい…?

 

Sponsored Link

 

というのも、非公式の動画より公式動画の方が安全で、かつ高画質で視聴できます。

それに最近では、公式動画を見ることのハードルも下がってきたので、有料級の動画を無料で視聴できる方法も増えてきました。

そもそも違法アップロードされた動画をおすすめしようとは思いませんからね。

 

ということで、公式動画が配信しているVOD(ビデオオンデマンド)から調べてみました。

 

 

以上から分かるように、U-NEXTでは視聴できないことが分かりました。

 

タロー
U-NEXTで視聴できないのは意外!

 

そして、『Hulu』で視聴できることが分かりました!

⇒【Hulu】公式

 

タロー
Huluって何だっけ??

 

って方のために、Huluの特徴を簡単にまとめてみました。

 

 

Huluについて

 

スクリーンショット 2016-07-30 15.53.27

 

Huluとは、話題のドラマ、映画やアニメなどの動画をスマホやPCで視聴できる動画配信サービスのことです。

Huluに登録すれば、「ホワイトカラー」シーズン6を視聴できることが分かりました。

 

このHuluの特徴としては、

 

・月額933円というリーズナブルな価格

・最新作のドラマを第1話から放送話まで見放題

 

これらが挙げられます。

他のVODでは、最新作はポイント(有料)となっているパターンが多いですからね。

 

また、2週間の無料のお試し期間も設けられているので、この期間内だと無料でどの動画も視聴することが可能です。

(この期間内に解約をすればお金は一切かかりませんでした)

 

ちなみに、Huluでは「ホワイトカラー」シーズン6の吹替版と字幕版のどちらも見ることが可能でした。

個人的には、吹替版ばかり見てしまうのですが、実際の声の方が良いという人もいるでしょうから、どっちのバージョンでも見れるというのはかなりありがたいですね^^

 

⇒【Hulu】について詳しくはコチラから

 

 

 

 

あとがき

 

https://twitter.com/FoxTV_jp/status/1022391825632391168

 

ちなみに、『ホワイトカラー』シーズン6の第6話が最終回になり、中途半端な話数で突然終わったので、ネット上では打ち切り説が流れていましたが、実際の所はどうなんでしょうか。

また、映画化もされるというウワサもありますが、真相は謎のままですね。

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください