植木等とのぼせもんの再放送はいつ?動画を無料視聴する方法も!

 

山本耕史さん主演のNHKドラマ「植木等とのぼせもん」が9月2日(土)にスタートしました。

そこで、ドラマ「植木等とのぼせもん」を見逃してしまった…という方のために、

再放送がいつになるのか、その放送日程をまとめてみました。

また、「植木等とのぼせもん」を無料で見逃し配信を視聴できる方法についても!

 

Sponsored Link

 

「植木等とのぼせもん」の再放送はいつ?

 

「植木等とのぼせもん」の再放送の日程はコチラです。

 

・毎週土曜日 午前0時55分 (土曜深夜)

 

第2話以降も午前0時10分〜となっています。(時間帯は多少変わるかもしれませんが)

水曜日の深夜なので、お間違いのないように!!

 

「植木等とのぼせもん」を無料で視聴できる方法は?

 

では、どのようにすれば、「この声をきみに」の動画を視聴できるのでしょうか。

どうせ視聴するなら、無料の方が良いですから、無料で視聴できる方法を調べてみました!

 

そして、実際に調べたところ、

 

・U-NEXT

 

に登録すれば、視聴できることが分かりました。

 

U-NEXTについて

 

スクリーンショット 2016-08-16 15.01.31

 

U-NEXTとは、

話題のドラマやアニメ、映画などの公式動画をスマホやPCで視聴できる動画サイトのことです。

 

何と言ってもその動画コンテンツの量、ジャンルの数が他のVODよりも圧倒的に多いです。

例えば、2017年1月期のドラマで言えば、

 

A LIFE

・嘘の戦争

・視覚探偵 日暮旅人

カルテット

・東京タラレバ娘

増山超能力師事務所

下剋上受験

・奪い愛、冬

真昼の悪魔

・スリル

 

…などなど。

 

また、2017年春のドラマで言えば、

 

CRISIS

小さな巨人

あなたのことはそれほど

リバース

恋がヘタでも生きてます

緊急取調室2

ツバキ文具店

みをつくし料理帖

 

…などなど。

これらのドラマを視聴することが可能です!

 

ドラマだけでもかなりの数ですよね^^

U-NEXTでは、これらの第1話から最新話までの公式動画が配信されています。

 

また、無料のお試し期間が1ヶ月も設けられているのもU-NEXTの特徴の一つです。

一部ポイント制の動画もありますが、こちらも最初にポイントがもらえうので、それを利用すれば可能です。

この機会に1ヶ月の無料お試し期間を上手く活用しちゃいましょう!

 

U-NEXT

 

ちなみに…

 

U-NEXTでは、公式動画を視聴することだけでなく、

漫画や雑誌を電子書籍で利用することも可能です!

 

引用:http://video.unext.jp/introduction

 

実際にU-NEXTに登録してみましたが、動画だけでなく、漫画や雑誌を読めるというのは、かなり便利です。

本来の役割がない時でも、スゴイ使える奴です(笑)

 

<U-NEXTの特徴まとめ>

・12万本以上の動画が配信されている

・1ヶ月の無料期間が設けられている

・漫画だけでなく、雑誌や漫画も読むことが可能である

 

>>【U-NEXT】無料登録はコチラから!

 

 

でもココで一つ問題点があります!

 

それは、

登録が面倒…(T . T)

 

ということ。

そこで、登録方法を簡単にまとめてみましたので、是非ご参考に!

こちら⇒U-NEXTの登録方法を簡単に分かりやすく!スマホ、PCでのやり方!

 

ちなみにNHKオンデマンドでも配信されていますが、こちらは有料となっていました。

U-NEXTのようにポイントも使えるようになれば良いのですが。

 

 

ドラマ「植木等とのぼせもん」について

 

放送日程:2017年9月2日(土)スタート<連続8回>

キャスト:山本耕史、志尊淳、山内圭哉、優香、伊東四朗 など

原案:小松政夫「のぼせもんやけん」

脚本:向井康介

音楽:林ゆうき

引用:http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

 

植木等という平成の人たちには馴染みがないかもしれませんが、

昭和の人からすれば大スターで、「明るい昭和」を象徴する存在だと言われています。

その植木等を演じるのが実力派俳優・山本耕史さん。

 

また、この植木等の付き人兼運転手として働き、植木を親父さんと慕っていた”のぼせもん”と言われる小松政夫。

この小松政夫ものちにコメディアン・俳優として活躍します。

小松政夫を演じるのが若手注目株・志尊淳さん。

 

この二人の「父と子供のような」深い絆で結ばれた師弟関係を昭和の熱気ある撮影風景を交えて描かれます。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です