刑事モースのcase6(第2シリーズ 第1話)ネタバレと感想まとめ!

 

NHK BSプレミアムで絶賛放送中の海外ドラマ「刑事モース~オックスフォード事件簿~」のcase6(「シーズン2」第1話)が 3月17日に放送されました。

そこで、「刑事モース」のcase6の感想と内容をまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

「刑事モース」case6の内容ネタバレ!

 

 

 

※1 こちらの記事にはネタバレも含みます。ご注意ください。

※2 前回の話で、撃たれたモースが復帰した後のストーリーです。

 

 

「刑事モース~オックスフォード事件簿~」第6話をまだ見ていない…という方!

 

>>【U-NEXT】31日間無料お試し!

>>【FODプレミアム】31日間無料お試し!

Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

 

今回の刑事モースでは、三つの事件が同時に起きる。

一つ目は、若い娘の失踪。二つ目は、飛び降り。三つ目は、カレッジの宝物展示の盗難である。

 

一つ目の事件は、二週間前に失踪した娘のことで、名前は、フリーダ・ヤランドといった。

父親が捜索願いを出していたが、若い娘なので、男と逃げたと取り合ってもらえない様子。

モースは娘の写真を受け取り、親身に対応する。

 

二つ目の事件は、男性が屋上から飛び降りるという事件である。

遺留品から、歯科医師のミーカーだと目星をつけ調査開始する。

 

三つ目の事件は、二つの事件の次の日に、カレッジに展示されているイギリスの宝物が何者かに盗まれるという事件である。

この事件とは別件で、「女性の価値について」反発する女学生のデモも起きており、大通りのパレードで、パレードカーに乗っている女性にペンキをかけるなどのトラブルも起きていた。

デモに参加している学生の中に、選挙候補になっている女性の娘もいたことから、大きくニュースなどには、ならなかった。

 

飛び降りをした男性の所持品には、手帳があったが、遺品から手がかりを探す時には、なくなっていた。

 

歯科医師ミーカーの医院にミーカーについて問い合わせてみると、すでに閉院しており、調べて行くうちに、興信所のペティファーだと発覚する。

ペティファーは、探偵業をしていたが、いい強請りのカモを見つけると、依頼主には真実を伝えずに、発覚したくない秘密をネタに金銭を要求していた。

不審な点も多いため、モースは、自殺ではなく、殺人ではないかと疑う。

 

ペティファーについて調べて行くうちに、カレッジの今は使用されていない地下通路を発見し、そこで、失踪していたフリーダの亡骸を発見。

また、ペティファーの遺留品が次々に見つかり、フリーダの遺品と照らし合わせて、事件が解決に進むかと思われた。

盗みの犯人や、殺人は、カレッジの教授ではないかとモースは主張するが、盗みの真犯人が、見つかり、モースの推理は外れてしまう。

 

また、パレードの際にペンキをかけられた女性が審査員を務める美少女コンテストが開催されており、そのイベント会場で展示されていた写真と、ストレンジが参加していた、秘密結社の話を元に、真相が明らかになってくる。

失踪していたフリーダはヤランドの実の娘ではなく養女だった。実の父親は戦死したと言われていた。

モデル活動をして行く中で、自分の父親の上官に出会ったが、その上官こそが実の父親だった。

 

実の父親は、フリーダと実の妻との結婚生活に満足いっておらず、上官が戦死したことをチャンスと思い成り代わっていたのである。

探偵を雇われてバレる前に秘密結社の仲間と共に殺人を企てたのが真相であった。

 

Sponsored Link

 

「刑事モース」case6の感想!

 

 

今回の話では、顔が似ているキャストが多く、ストーリーが理解できるまでに時間がかかってしまった。

今回、モースは推理を外してしまうシーンもあったが、様々な可能性を考えることは大事だと思うし、その意見を目上の人の前でも、はっきり主張しているところがモースの良いところである。

 

推理が外れてしまっても、自分の考えが間違っていたと正直に謝るところも、モースらしくて好感がもてた。

モースは、怪我から復帰したあとということもあり、サーズデイがやや過保護気味に見えた。

顔面を殴られた時に休ませたり、モースが様々な可能性を考えて、思考にぐるぐるしている時も、休暇を合間合間に入れたりと、気配りをしていた。

 

モースを気遣う姿勢は、今回の話で知り合った隣人のモニカも家族かと思うくらいであった。

モースは、直近で巻き込まれた事件のストレスや、ショックから酒の量が増えており、サーズディは、モースの部屋にある、酒瓶の空き瓶の量をみて、忠告する。

「酒は飲んでもいいが、呑まれるなよ」と。

今回、モニカという新たな女性と出会うことで、これからのモースにまた光をさしてくれるような存在になるといいなと感じている。

 

「刑事モース~オックスフォード事件簿~」第6話をもう一度見たい…という方!

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください