【グラメ】主題歌・エンディングのダンスがカッコイイ!【動画あり】

2018年11月23日

 

2016年夏にスタートしたドラマ「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」のエンディング(主題歌)のダンスが

カッコイイと大変話題になっていますね!

 

そこで、このエンディングダンスの動画や感想をまとめてみましたので、ご紹介します。

 

Sponsored Link

 

ドラマ「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」とは?

 

 

 

<第1話のあらすじ>

吉田茂首相の時代以来、約70年ぶりとなる「官邸料理人」に抜擢された主人公のくるみ(剛力彩芽)。

官邸のお偉いさんと衝突をしながらも、くるみは華やかな料理をおもてなし、

料理で日本の政治や外交に貢献していく姿を描く物語。

 

内閣総理大臣の阿藤が会合に使ったとされる高級料亭の仲居として働いていたくるみが、

70年ぶりに復活する“官邸料理人”に就任し、以前から官邸で働いていた料理人たちは猛反発してしまうが…

 

 

という展開で「グラメ」第1話がスタートしました。

 

第1話のドラマ自体の内容の評判も良かったのですが、

その内容以上に、エンディングでのダンスがかなり話題になっていました!

 

 

「グラメ」エンディングのダンスがカッコイイ!

 

 

 

そのドラマ「グラメ」のエンディングでは、

主演の剛力彩芽さんが先陣を切って、笑顔でダンスをしています。

 

動画はこちらから↓↓

(削除されている可能性がありますので、ご了承ください)

 

 

 

 

いや、剛力ちゃんうまっ!!笑

 

と、思わず吹いてしまいましたが。

ドラマの主題歌であるケツメイシの「カラーバリエーション」に合わせて、

明るく楽しそうに踊っていますね!

 

みんなそれぞれの個性があって、まさに曲のタイトルの通り、「”カラーバリエーション”が豊富なダンス」となっています。

個人的には、新川優愛さんのダンスが好きですね〜。

(あれはわざとなのか、可愛い感じで踊っていますね!笑)

 

 

Sponsored Link

 

<ネット上の反応>

ネット上では、高橋一生さんのダンスシーンが一番反響が大きかったように思います。

 

「これだけで毎週見れる」

「一生さんのダンスの時の顔が最高!!」

 

といったように、高橋一生さん推しの方が多かったように思います。

確かにこの表情は、ズルいですよねー!笑

 

 

あとがき

 

昔、『女王の教室』というドラマでもこういう感じでダンスがありましたね。

あの時は、作品自体が暗かったので、あのエンディングでの安心感みたいなのがありましたが、

今回もそれに似た感じの印象で、このエンディングを見たらホッとしますね。

 

また、エンディングのダンスで言えば、

新しくスタートした秋のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、ガッキーの”恋ダンス”もかわいいと話題になっていました。

 

もしかしたら、

このグラメのダンスが「エンディングダンス」ブームの火付け役になったのかもしれませんね…。

 

 

Sponsored Link