綾瀬はるかさん主演の2018年夏ドラマ『義母と娘のブルース』の第1話が放送されました。

そこで、『義母と娘のブルース』の子役・みゆきちゃんの演技の評判がすこぶる良いと話題になっていました。

また、第1話の内容のネタバレ、感想をまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

義母と娘のブルース 子役の演技の評判がイイ?

 

ネット上では、

「この演技はスゴすぎ!!」

 

「表情がめちゃくちゃイイ」

 

など、演技を絶賛する声があがっていました。

確かに実際にドラマを見ましたが、表情が本当に良いですね。しかも結構かわいい。

今後、ブレイクしそうな予感がします。

 

ちなみに、みゆきちゃんを演じた子役の横溝菜帆さんは、「若者たち2014」や「信長協奏曲」にも出演経験があります。

 

 

 

 

義母と娘のブルース 第1話のあらすじ

 

「33才独身部長女子が突然の義母宣言。私は貴女に就職します!」

 

2009年の夏。

数年前に母親を亡くし、父親の良一 (竹野内豊) と二人で生きてきた娘の宮本みゆき (横溝菜帆)。

そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は、岩木亜希子(綾瀬はるか)。

業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

 

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴する。

「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。

 

亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリと睨む。

慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。

亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった…。

 

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。

百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。

児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。

会社の後輩・田口朝正(浅利陽介)をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

 

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは…?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語るが……

 

 

Sponsored Link

 

義母と娘のブルース 第1話のネタバレ

 

続いて、第1話の内容のネタバレです。

※ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意を!

 

第1話の内容を簡単にまとめてみました。

 

<第1話の流れを簡単に!>

  1. 新しく義母となる亜希子はみゆきに名刺を渡すが、みゆきは亜希子が義母になることに強く拒否
  2. 亜希子はみゆきの心をつかもうとみゆきをアスレチックパークに誘うことに
  3. しかし完全に失敗する……
  4. 次に下山和子に相談すると、和子はみゆきがいじめられてかもしれない…と
  5. 亜希子はみゆきがいじめられている所に遭遇し、みゆきに「交渉した方がいい」と説得する
  6. みゆきは亜希子に言われた通り、いじめっ子に立ち向かう
  7. 一方、亜希子は仕事で中国に向かい、亜希子は”履歴書”をみゆきに送る
  8. 中国にいる亜希子にみゆきは”採用通知”を送る

 

第1話がここで終了しました。

 

 

義母と娘のブルース 第1話の感想

 

第1話、めちゃくちゃ面白いですね!!

さすが、安定の森下佳子さんの脚本。テンポも良く、非常に見やすい。

関連記事:森下佳子脚本の好きな作品ランキングトップ5!2018年最新版

 

 

そして、綾瀬はるかさんの『家政婦のミタ』のミタさんばりのクールな演技。

ふわっとした感じの頼りないキャラの竹野内豊さんの演技。対比した感じで面白い。

佐藤健くんの能天気なキャラも良いですね!

 

明らかにコメディドラマなのに、BGMがシリアス過ぎて音楽の使い方がすごいシュールだったり、

子供相手に心理学の吊り橋効果を使ったりと、色々とツッコミどころ満載のドラマなので、第2話も期待したいですね。

 

関連記事:綾瀬はるかの過去の出演ドラマを一覧で!作品を無料視聴する方法も

関連記事:佐藤健の過去に出演したドラマを一覧で!主題歌や脚本も調査!

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください