コンフィデンスマンJPの長澤まさみの演技の評判が悪い?その理由とは

 

2018年4月スタートの月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の第1話がスタートし、

期待通りネット上でも絶賛の声が多かったのですが、

しかし、中には主役の長澤まさみさんの演技力がイマイチだ…という声も。

 

ネット上の評判などまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

『コンフィデンスマンJP』について

 

 

放送日:月曜日21時〜(フジテレビ)

キャスト:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世

脚本:古沢良太(『リーガルハイ』『デート』など)

 

昨年ヒットした映画『ミックス』や『リーガルハイ』シリーズを手掛けた古沢良太さんが脚本を務めて、話題のドラマ『コンフィデンスマンJP』。

近年、ドラマは「キャストよりも脚本家が大事」という風潮があるので、

今回フジテレビは満を持して、古沢良太さんに声をかけたのでしょう。

 

個人的には、『リーガルハイ』の続編をやって欲しかったのですが…(それは置いといて)

 

この古沢良太さんの起用にネット上でも、

 

「古沢良太さんの脚本なら安心して見れる!」

「絶対に名作になる!」

 

と、歓喜の声があがっていました。

逆にハードル上がりすぎて心配になるくらいの勢いで、期待が高まっていました。

 

まさかその心配していたことが現実になるとは、思いもよらなかったのですが…

 

 

『コンフィデンスマンJP』の長澤まさみの演技の評判は?

 

 

 

『コンフィデンスマンJP』第1話が終了。

個人的には結構楽しめたのですが、意外にもネット上の意見はバラバラでした。

 

ネット上で多かった意見として、

 

「長澤まさみの演技がちょっと…」

 

「長澤まさみってあんなに棒読みだったっけ?」

 

という、主役の長澤まさみさんの演技に疑問視する声が。

 

自分も実際にドラマを見ましたが、

思ったよりも強弱がない演技だったので、印象には残りにくいなとは思いました。

上手いか?って聞かれたら、う〜んという感じです。

 

 

 

Sponsored Link

 

ただ一方で、

長澤まさみさんの演技を絶賛する声も多かったのも事実です。

 

 

 

賛否両論で言えば、半々くらいかもしれません。

 

個人的な見解としては、

長澤まさみさんの演技が上手いか下手かどうかという点は微妙な所ですが、

 

もしかしたら、同じ古沢良太脚本の『リーガルハイ』の堺雅人さんと比較されてしまい、

ちょっと辛口な意見が多いのかな、とも思いました。

正直、あの”天才”と比較されたら可哀想な気がします…

 

とは言え、この辛口コメントも期待の裏返しだと思うので、

長澤まさみさんには是非頑張っていただきたいですね!^^

予想以上に、かなり体を張っていましたしw

 

第2話以降も期待したいです。

 

 

◆『コンフィデンスマンJP』第1話をもう一度見たい…

>>FODプレミアム 31日間無料お試し!

Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください