空飛ぶタイヤのネタバレ!原作と映画とドラマの結末の違いは?

 

池井戸潤さん原作、TOKIOの長瀬智也さん主演の映画「空飛ぶタイヤ」が2018年に公開されることが分かりました。

そこで、映画「空飛ぶタイヤ」は原作や2009年に放送されたドラマとどう違うのか。比較してみました。

 

映画「空飛ぶタイヤ」について

 

 

公開日:2018年6月15日

キャスト:長瀬智也、ディーンフジオカ、高橋一生、深田恭子 など

監督:本木克英(『釣りバカ日誌』シリーズ、『鴨川ホルモー』など)

 

累計150万部を越える大ベストセラーとなり、

池井戸作品の中で最高傑作とも呼び声のある「空飛ぶタイヤ」が映画化となり、

池井戸潤さん自身、初の映画化作品となった今作品。

 

長瀬智也、ディーンフジオカ、高橋一生、深田恭子…など、主役級がズラリ。

2018年公開の邦画の中でも一二を争う程の注目作品です。めちゃくちゃ楽しみです。

 

「空飛ぶタイヤ」”原作”と”ドラマ”と”映画”の内容の違いは?

 

そこで、原作とドラマ、映画の違いをまとめてみました。

これらの内容にどういった違いがあるのか。

 

まずは、それぞれのあらすじからまとめてみます。

 

原作「空飛ぶタイヤ」のあらすじ

 

父親の後を継ぎ運送会社を経営する赤松徳郎は、ある日、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし、死傷者を出してしまったことを知る。

事故原因を一方的に整備不良とされ、「容疑者」と決め付けられた赤松は警察からの執拗な追及を受ける。

それにより、会社も信用を失い、倒産寸前の状態に追い込まれてしまう…。

 

しかし赤松は、事故原因は整備不良ではなく、事故を起こした車両自体に欠陥があったのではないかと考える。

自社の無実を信じる赤松は家族や社員たちのために、トラックの販売元である巨大企業の自動車会社に潜む闇に戦いを挑む。

 

 

ドラマ「空飛ぶタイヤ」のあらすじ

 

運送会社社長の赤松(仲村トオル)は、自社トレーラーのタイヤ脱輪による死傷事故が原因で警察から執拗な捜査を受ける。

家族も周囲から孤立し、仕事も激減するが、社員の適切な整備を信じて事故の再調査を訴える。

 

一方でホープ自動車の沢田(田辺誠一)は赤松の依頼を機に、常務の狩野(國村隼)を筆頭とした”リコール隠し”のための秘密会議が社内に存在する事を知る…。

 

引用:http://www.wowow.co.jp/dramaw/taiya/episode/

 

 

映画「空飛ぶタイヤ」のあらすじ

 

Sponsored Link

 

ある日、突然起きたトレーラーの脱線事故で、運送会社を経営する赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、

製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長の沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求する。

 

また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。

それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”だった…

 

引用:http://soratobu-movie.jp/introduction.html

 

 

ご覧の通り、原作とドラマ、映画を比較してみても、ほとんど違いはありません。

強いて言えば、脱線事故があった車がトレーラー(映画)かトラック(原作、ドラマ)かということくらい。

 

 

では、ここから本題に。

「空飛ぶタイヤ」の原作とドラマの結末の違いをまとめてみました。

 

ここからはネタバレになるので、ご注意を!!

※まだネタバレしたくない!!!って方はコチラ↓↓をどうぞ。

◆ドラマ「空飛ぶタイヤ」を無料で視聴する方法

⇒池井戸潤原作ドラマのおすすめランキング!動画を視聴する方法も 

 

 

 


 

Sponsored Link

 

(ここからはネタバレ)

 

まず、結論から述べますと、原作とドラマの結末は同じです。

が、多少の違いはあります。

 

◆原作とドラマの大きな相違点

・赤松徳郎・史絵夫妻の子どもは、ドラマでは長男・拓郎の一人っ子の設定

・雑誌記者の榎本とホープ自動車品質保証部の杉本は、原作ではいずれも男性だが、ドラマでは女性に変更されている

・整備士の門田駿一は原作では独身だが、ドラマでは既婚者である

 

これらの違いはありますが、他はほとんど違いがありません。

 

 

「空飛ぶタイヤ」の結末(ネタバレ)

 

運送会社社長の赤松(仲村トオル)は、事故原因は整備不良ということに納得がいかず、トラックの製造元に「ホープ自動車」に事故の調査を依頼したが、”整備不良”という答えしか返ってきませんでした。

そして、赤松運送に警察の家宅捜査が入り、仕事も激減し、倒産の危機に…!

 

赤松はある日、事故トラックの整備担当者がつけていた整備日誌を発見し、その整備日誌には事故原因となったハブについて「問題なし」と記入されていました。

 

その整備担当者は、チャラチャラした格好のいかにも不真面目な感じの青年でしたが、

仕事は真面目にしていると周りからも定評のある男で、一度は赤松社長がクビにしたものの、すぐに取り下げ、「事故原因は整備不良ではない」と考え、何度も再調査を依頼したが、行われませんでした。

 

一方、

ホープ自動車の販売部の沢田(田辺誠一)は社内である違和感を感じていました。

そこで、独自に品質保証部の「秘密」を調査すると、「T会議」なるものが極秘で行われていることが判明しました。

 

この「T会議」のTはタイヤのTで、”リコール隠し”だということも判明…

つまり、ホープ自動車は本来公表しなければならないリコールという事実を、社内だけ、しかも一部の人間だけの秘密にして、もみ消してしまおう、という…

 

このリコール隠しを知った沢田は、リコール隠しを外部から指摘されたらこの会社は終わりだと考え、

赤松にはリコール隠しの事実を隠しつつ、独自でさらに調査することにしました。

 

一方で、

ホープ銀行の井崎(萩原聖人)は板挟みに苦しんでいました。

ホープ自動車の狩野(國村隼)と、井崎の上司であるホープ銀行専務・巻田(西岡徳馬)は癒着していて、

巻田から「さっさとホープ自動車に融資をしろ」と命令されるが、井崎はホープ自動車に不信感を抱き、融資に戸惑っていた。

 

そして、井崎の妻の香織(ミムラ)は狩野の姪でもあったから、さらに断りづらい状況。

 

<リコール隠しのスクープを入手!>

 

そんな中、井崎の大学時代の友人である記者の榎本(水野美紀)から「ホープ自動車はリコール隠しをしているのではないか…」という情報を入手。

より一層、井崎はホープ自動車への不信感が増すばかり……。

 

そして、榎本は赤松にも接触し、赤松もホープ自動車への不信感を覚え、自分たちで再調査を行おうとします。

しかし、それには事故原因の「ハブ」が必要だったので、最悪、裁判沙汰になってもいいから、ホープ自動車にハブの返却のために通知書を送ります。

 

 

<被害者から訴えられてしまう…>

 

しかし、赤松は被害者から訴えられてしまい、1億5千万円といい慰謝料を請求される羽目に。

もちろん、そんな大金が払えない赤松は動揺。

しかもホープ銀行からの融資も取り上げられることに…

 

赤松は金も時間も掛かる裁判どころではなくなり、絶体絶命のピンチに。

 

 

<沢田からある提案が…>

 

しかし、ここで新たな展開が!

ホープ自動車の沢田から赤松の元に、ある提案が。

それは、

「ハブは返却しますが、社内調整のため、お時間が必要なので、その間の補償金として1億円を用意します。しかし、社内調整が上手くいかなかった場合は、その1億円を部品(ハブ)代にさせてもらいます…」

という。

 

つまり、

「今回の事故は1億円で手を打とう」

ということにも言い換えることができます。

 

赤松は思い悩みます。

もちろん、1億円という大金が手に入れば、会社が潰れることもないし、社内が潤う。

しかし、”不本意にも”事故の原因が赤松運送だと認めることになる、会社が潰れてしまうというリスクもある…。

 

赤松は決めました。

「その話は断ります」と。

 

そして、赤松は大企業に宣戦布告することに…。

 

 

<圧力で記事が掲載されない…?>

 

赤松にはある切り札がありました。それは、榎本のリコール隠しの記事。

しかし、その記事が掲載される予定だった「週刊潮流」にはその記事は掲載されていませんでした。

 

というのも、ホープ自動車は週刊潮流に多くの広告を掲載している大手スポンサー。

ホープ自動車の圧力により、記事は掲載されることはありませんでした…。

 

一方、

ホープ自動車の沢田は、同僚の小牧と社内のネットワーク管理者の杉本と手を組み、

「リコール隠し」についての証拠を揃えることに成功します。

 

そして、沢田は”T会議”の存在を知らない社長に直談判をしようと社長室に向かっている途中、

上司から呼び出され「商品開発部に来ないか」とお誘いが来ます…

 

これは沢田が裏で”T会議”について調査していることがバレたことにより、沢田を黙らせようとする作戦。

もちろん、沢田はこの作戦に気付いていたが、長年夢だった商品開発部に誘われ、思い悩ます。

 

そして、葛藤し続けた結果、商品開発に異動を受け入れる形になりました…。

 

 

<事態は急展開…!?>

 

一方、赤松サイドは、相変わらず、事態は好転しませんでした。

そこで、赤松は過去の”整備不良”と認識された事故を独自で調査することに…!

 

どの会社も調査に断固拒否し、赤松が諦めかけた所に、ある書類が届けられます。

その書類には「この書類には私の魂がこもっています」という文が記されており、

「相沢」と名前が書かれていました。

 

相沢は、独自に事故原因とホープ自動車の秘密 について調査しながらも、会社の方針から公表できなかったのでした。

 

そして、赤松はその書類を目を通しました。

そこには求めていた”真実”が書かれていました。

 

<相沢の書類を持ってホープ自動車へ>

 

赤松はホープ自動車へ乗り込み、「原因はホープ自動車にある!」と訴えました。

ホープ自動車の品質管理部の室井は相変わらず、「そんなことはない、整備不良だ」の一点張り。

その横には沢田もいました。

 

そして、赤松は相沢の調査書類を室井らの目の前に叩きつけ、この書類にはこう書かれていました。

「購入後、わずか1ヶ月の”新車”が交通事故に遭い、その事故原因が整備不良である」と。

動揺する室井と沢田。

 

その後、赤松は警察に資料を届け、警察はホープ自動車に家宅捜査を。

ホープ自動車のリコール隠しが世間にバレてしまい、赤松らは一件落着かと思いきや、まだ終わりません…

 

 

<証拠が見つからない…?>

 

警察は家宅捜査から1週間、何の手がかりも見つけられないでいました。

というのも、室井から報告を受けた狩野は即座に社内の「T会議」に関する全データを消去したのです。

つまり、リコール隠しの証拠が全部削除されたという…。

 

そんな中、商品開発部に異動した沢田は、いくら企画を提案しても通らない、ろくに会議でも検討されていない状況を嘆きます。

それも当然、狩野の手のひらの上で踊らされていただけ。

 

そんな沢田の元に、出向前の杉本が現れ、杉本が沢田にある証拠を差し出します。

その証拠とは、「T会議などの数々の不正の証拠」のことでした。

 

内部告発ができない杉本は「これをどうするか、お前に全て任せる」と言って、沢田に託します。

沢田は思い悩みます。

 

<沢田が赤松の元へ…>

 

沢田は目的もわからないまま、赤松の元へ訪れます。

そこで赤松にある手紙を見せられます。

そこには「かみさまへ ママにもういちど あいたいです」と書かれた子供が書いた母親の絵が描かれた手紙が。

 

その手紙を読んだ沢田は思わず号泣します。そして、ある決断をすることに…

 

<沢田が証拠を提出する>

 

沢田はその証拠を警察に提出し、赤松の元に警察がやってきます。

そして、赤松運送の無罪が証明されたことが分かりました。

赤松と妻、息子は玄関口で泣きながらお互いを抱擁しました…。

「無罪が証明された。お父さんは勝ったのよ…」

 

 

また、今回の事件の黒幕?の狩野は逮捕されたことが報道されました。

そして被害者遺族からの訴えも取り下げられ、赤松運送は無事元の状態に戻りました。

 

一方、ホープ銀行の井崎はホープ自動車への融資も断り、香織ともケンカ別れすることに…。

井崎は狩野との面会後、別れた香織と会います。

そこで、井崎は決意します。夫して香織をこれからも守っていこうと…

 

<ドラマ完結>

 

あとがき

 

 

 

という感じで、ドラマ「空飛ぶタイヤ」は完結しますが、

映画の方の結末は一体どうなるのでしょうか。非常に楽しみです。

 

あらすじも登場人物もほぼ同じなので、恐らく同じような結末にはなると思いますが、

この濃厚すぎる内容を2時間でまとめるのも至難の業ですね。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です