おすすめのドラマ脚本家ランキングトップ10!【2017年最新版】

 

ドラマ大好き人間の著者が独自に選出した今回のランキングは「おすすめのドラマ脚本家ランキング」です。

昨今、キャストよりも脚本家が重要だと言われているドラマ業界ですが、その脚本家にピックアップしてみました。

※2017年最新版です

 

Sponsored Link

おすすめのドラマ脚本家ランキングトップ10!

 

それでは…第10位から!!

 

 

第10位 宮藤官九郎

 

 

生年月日:1970年7月19日(47歳)

出身:宮城県

所属:劇団大人計画

主な作品:「あまちゃん」「池袋ウエストゲートパーク」「流星の絆」など

 

最近の作品で言えば、「あまちゃん」でもおなじみの”クドカン”こと、宮藤官九郎さん。

「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」、「流星の絆」など、ジャニーズとの共演が比較的多いように思います。

 

彼の作品は個性的で、明らかに他の方の作品とは一線を画しています。”クドカンワールド”と言われるゆえんですね。

 

関連記事:【監獄のお姫さま】無料で見逃し配信を見る方法!

 

 

第9位 金子茂樹

 

 

生年月日:1975年7月15日(42歳)

出身:千葉県

所属:フロム・ファーストプロダクション

主な作品:「プロポーズ大作戦」「SUMMER NUDE」「世界一難しい恋」など

 

「プロポーズ大作戦」や「世界一難しい恋」など、ラブコメドラマに定評のある金子茂樹さん。

「プロポーズ大作戦」はラブコメドラマの中では最高傑作でしょう。

 

2018年1月期ドラマ(Hey!Say!JUMPの山田涼介さん主演)「もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに」の脚本を担当することが明らかになりました。

 

関連記事:2018年1月期冬ドラマのキャスト一覧!あらすじや主題歌も!

 

 

第8位 奥寺佐渡子

 

 

出生年:1966年

出身:岩手県

学歴:東海大学文学部卒

主な作品:「リバース」「夜行観覧車」「Nのために」など

 

湊かなえさん原作のドラマ脚本でもおなじみの奥寺佐渡子さんですが、

映画の脚本でも数々の賞を受賞されています。(『サマーウォーズ』で第9回東京アニメアワード個人賞、『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀脚本賞など)

 

関連記事:リバースはHuluで視聴できない?動画を視聴するオススメの方法を紹介

 

 

第7位 福田靖

 

 

出生年:1962年

出身:山口県

所属:株式会社CRG

主な作品:「HERO」「ガリレオ」「龍馬伝」「海猿 UMIZARU EVOLUTION」など

 

「HERO」や「ガリレオ」など、フジテレビ系列のドラマの脚本を担当しているイメージの強い福田靖さん。

比較的、笑いあり、シリアスな展開もあり…といったバランス感覚が優れた作品が多いように思います。

 

最近で言えば、嵐の櫻井翔さん主演のドラマ「先に生まれただけの僕」の脚本も担当しています。

 

 

第6位 井上由美子

 

 

出生年:1961年

出身:兵庫県

学歴:立命館大学文学部卒

主な作品:「GOOD LUCK!!」「エンジン」「14歳の母」「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」など

 

テレビ朝日新人シナリオ大賞の最終選考の審査員も務めるという、女性脚本家の大御所的存在の井上由美子さん。

「GOOD LUCK!!」や「エンジン」のようなヒット作品も手掛けつつ、一方では、「白い巨塔」や「14歳の母」のような社会問題をテーマにした作品も手掛けています。

 

2018年1月期ドラマでは、木村拓哉主演「BG~身辺警護人~(仮)」の脚本も担当しています。

 

関連記事:2018年1月期冬ドラマのキャスト一覧!あらすじや主題歌も!

 

 

Sponsored Link

 

さて、次はベスト5です。

 

第5位 遊川和彦

 

 

生年月日:1955年10月24日(62歳)

出身:東京都

学歴:広島大学政経学部卒

主な作品:「家政婦のミタ」「女王の教室」「GTO」など

 

「家政婦のミタ」や「女王の教室」など、かなりぶっ飛んだストーリー設定やキャラの作品が多い印象です。

賛否両論はありますが、コアなファンも多いのが遊川さんの作品の魅力の一つ。

 

最近では、高畑充希さん主演のドラマ「過保護のカホコ」の脚本を担当し、高評価を得ました。

個人的にも大好きな作品です。

 

関連記事:遊川和彦のおすすめしたい作品ランキング!トップ5を発表!

 

 

第4位 八津弘幸

 

 

生年月日:1971年9月1日

学歴:日本大学芸術学部卒

所属:sacca(株)

主な作品:「半沢直樹」「下町ロケット」「流星ワゴン」

 

池井戸潤シリーズのドラマを手掛ける脚本家としても有名な八津弘幸さん。

「半沢直樹」「下町ロケット」には何度も泣かされました…。

 

2017年10月期ドラマでは、役所広司さん主演のドラマ「陸王」の脚本も担当しています。

 

 

そして、トップ3!!!

 

 

第3位 野木亜紀子

 

 

学歴:日本映画学校卒

主な作品:「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来」「ラッキーセブン」「空飛ぶ広報室」など

 

2016年、「逃げ恥」ブームを巻き起こした立役者とされる野木亜紀子さん。

「重版出来」や「空飛ぶ広報室」など、視聴率はそこまで高くないものの、業界内で評価が高い作品が多いのも特徴的です。

 

2018年1月期ドラマでは石原さとみさん主演の「アンナチュラル」の脚本を担当しています。

関連記事:2018年1月期冬ドラマのキャスト一覧!あらすじや主題歌も!

 

 

第2位 森下佳子

 

 

生年月日:1971年1月24日

出身:大阪府

主な作品:「とんび」「世界の中心で愛を叫ぶ」「白夜行」「JIN -仁-」など

 

「JIN -仁-」や「世界の中心で愛を叫ぶ」など、TBSの数々の名作ドラマを手掛けた森下佳子さん。

「ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞」を5回も受賞されています。

個人的には、森下佳子さんの作品はすごい丁寧に仕上がっているなという印象です。

 

 

そして、第1位は…

 

第1位 古沢良太

 

 

生年月日:1973年8月6日

出身:神奈川県

主な作品:「リーガルハイ」「デート」「鈴木先生」「外事警察」など

 

第1位は名作「リーガルハイ」でもおなじみの古沢良太さんでした!

彼の作品は、ストーリーの完成度ももちろん高いのですが、言葉の遊び方が非常に面白いです。

「鈴木先生」は画期的で斬新な学園ドラマでした。

 

2015年の「デート」以来、ドラマを手掛けていないので、寂しい限りです…。

 

あとがき

 

以前は、キャストの方を優先的にドラマを見ていましたが、今は脚本家の名前を確認してからドラマを見るようになりました。

自分も大人になったということでしょうか…(笑)

 

同じ脚本家の方のドラマを見ていたら、その人の個性(色)みたいなのが分かってきて、それを分析するのも僕の楽しみの一つです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です